ごまあぶらのネタ礼讃

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
スポーツマンの怪我に思う
ダリオ・シルバが重傷。
黒プレイヤーとしては、北の横綱モストボイに相対する南の横綱。
両者ともに口も達者で大変楽しかった・・・・

さて。
これまた両者とも「金のためにやってますが何か」と公言してたよな気がするが、スポーツでメシを食うという選択をした、となると基本的に体を動かすことは嫌いではないはずだ。
一方、この私。基本的に「汗をかく喜び」とは無縁。どっしりと動かないので、自分を中心に円を描いてモノが散らばっている。

で。
私はけっこう長く生きているが骨折したことはない。動かないのだから大怪我するワケもない。
一方スポーツを愛する皆様。自分の足で飛んだり跳ねたりするのが幸せ、という人達の方がその大切なツールを失う可能性が高い。

この無情な確率論はどーにかならんもんだろうか・・・・・・・



スポンサーサイト
待てば海路の何とやら
シシーニョさんが壊滅。
いつもは演技かどうかを熟考する未熟者な私であるが、「ママーっ!!」とか絶叫してそな表情で、こりゃ鉄板だわとびびる。

で、ラウルブラボ出動。
思えばこの人も長い。ロベのバックアッパーという気の長い人生設計で、若手を襲った粛清の嵐をやりすごす。そしてなんとなくサルガドさんの代わり、ロベの代わり、ラモスの代わり、シシーニョの代わり・・・(いつの日かカンちゃんの代わりもできるようになれば文句なし)

これも人生の選択のひとつだ。
ラウルブラボさん、「セカンドベストという生き方」てな感じで自己啓発本でも書いてみるか?
秋のこうもり祭り


さほど関心をもってなかったバレンシア-ヘタフェ戦。
しかし予想もせぬ見所テンコ盛りに思わずTVにはりつく。

1:お背中のワンポイントコウモリ
ビセンテの背中を眺めていて「ビセンテにアクセント記号なんてあったっけか?」と考える。とモロちゃんの背中にもある。よくよく見るとコウモリ印。
「かっ、かわええ!!」
ユニ買いに行くか、と一瞬真剣に考える。
(私が知らんだけで、毎年こうもり付ユニだったんでしょーか??)

2:お色気モロちゃん
モロちゃんがしっとりしている!
モロちゃんが何やら色っぽくなっている!!

3:ボクちゃんブラザース
細部は違えどなんか同じニオイがするホアキンくんとビジャくんはブラザース認定。自分の部屋とかは絶対とっちらかってそうです。

4:バレンシア?バイオレンス?
審判にしつこくつっかかるビジャくん。報復に次ぐ報復、おまけでPKかすめとり、と華麗なるヒールっぷりのビセンテくん。とっても素敵です。あとは御大(ア●●ラさん)が満を持して登場すれば言うことなしでしたな。

えーと、レアルマドリーはまた今度。
人生の選択


門限破りで代表合宿をたたき出されたとか。
あいっかわらず思考回路がシンプルなようで何よりです。
今回は共犯が2名いるようですが、
この2人は無罪にしてやってほしいなあ。

道連れ1号「そろそろお開きに・・・」
道連れ2号「もうお時間ということで・・・」
ズラたん「・・・・・・・」(←無言で脅し中)
道連れ1号「・・・・・・・」
道連れ2号「・・・・・・・」
道連れ1号「ウーロンハイ(泣)・・・」
道連れ2号「梅酒ロック(泣)・・・」

門限と命をハカリにかけたら答えは一つです。
外道と書いてマドリと読む


放出やら加入やら放映権やらロナぶーの新彼女やら色々ですが。
エルゲラさん背番号強制変更。

またあなたですか・・・と思う。
思えばDFとMFの往復ビンタ。
DF無法地帯のマドリーでCBに強制拉致。
ヘマをすればさんざっぱら叩かれる。
本職じゃありませんという泣きは許されない・・・
その上中盤が手薄となればまたまた駆り出される。
ヘマをすればやっぱり叩かれる。
久々なんじゃという泣きはもちろん通じない・・・
ちょっとやさぐれて問題発言すると秒速で罰金
イキのいい若手が入れば音速でベンチ送り
   ↑
そんなのプロなら当たり前の事、というのは正論ですが、
自分の周りにそんな扱い受けてる奴いない、という状態だったらどうでしょう。

「皆がウチに来たがるのは、強いってのはもちろんですが、居心地がいいからですよ」と誰か(ペレスくんか?)が言ってましたがそれはきっと別のチームの話ですな。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。