ごまあぶらのネタ礼讃

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
検索の妙
ズラたん
デコ
シルバ
ジラちゃん
ピルロくん
ルイガル
シャビアロンソ
売春宿


こんな零細blogにもお客様はいらっしゃる。
ありがたいことである。
だが需要と供給はかみあっていない。
さまよえるデコマニさんが時々立ち止まってくれるらしく、
デコ関連がダントツである。
白組関連でのトップは「馬」と「でぶ」。
こんなでも一応マドリー中心blogのつもりです・・・・・
スポンサーサイト
大福、お手柄!
20070329094420.jpg

勝てないかーーーー、
とやさぐれかけていたとこに白い一撃。
よかったよかった。

20070329091857.jpg

そして。
モロちゃん・・・・・・・・・。
親戚は頑張りました


アメリカに移民した従兄弟のエヴァンくん。
メダルには届かずも健闘しましたよ、ブッフォンさん。


20070326141310.jpg

グティさんちの親戚筋キミーちゃんも奮闘。
彼女はホセマリアお兄ちゃんとは違って優等生だそうです。
ホアキン田吾作疑惑
今更ながらバレンシアvsラシン・サンタンデールを見る。
結果はさておき。

後半から出てきたホアキン。
私好みの軍隊系短髪なのは非常によろしいが、いかんせん虎刈りだ。(嫁の力作か?)
まるで躍動する里芋です。
代表落ちもそれが原因じゃないかと?
おうちで奥さんとよく話し合ってみて下さい。

satoimo.jpg

定番演目
スタメンは・・・
馬、ラウさん、イグさん、笠野、ぐっちー、ディアラさん、2人合わせてエルサルさん、カンちゃん、ミゲトー。
ブラジル人がいない。
時代は変わったのう・・・

だが、大御所と組もうが若造と組もうが、問答無用で放置されるサルガドさんは不滅です。
周回遅れでクラシコを
打って打って打たれて打たれて打って打たれてまた打って。

私のつたない知識で表現するとこうなります。
字引の「スペインサッカー」の項目に引用されてそうな試合運び。
そして3-2にしてもあと5分になっても一向に消え去らない不安感。
ああ私もマドリディスタになったのだなあ、と思いました。
(なおこの技能はスペイン代表に対しても有効です)

リバプーのみならずバイエルンの皆様にまでご協力いただき、
結果を見れば暴発ショウ。スペインは愉快なところでございます。
背番号3に捧ぐ
南蛮内陸部、白井さん宅。
ここにはつるつる頭のちっこい雑種の犬がいる。
前の家ではどうも言うことをきかなかったらしく、タダ同然で白井さんちにもらわれてきた。お世辞にもお利巧とは言えないが、丈夫でめったに病気もしないし、ゴハンも残飯でOK。手間も金もかからないので白井家で市民権を得ることとなる。
甲高い無駄吠えと突進癖はいささか気になったが、普段は家族にも来客にもあいそよく尻尾をふりふりし、その人なつっこさで支持者を増やしてはヨシヨシしてもらい、犬も家族も幸せであった。

だが幸せは移ろいやすし。

白井さんちは金に糸目をつけず高価な犬を買いあさるようになる。毛並みの立派なポルトガル産、エレガントなフランス産、チャンピオンになったブラジル産、CM出演で知名度抜群の英国産。もちろんゴハンは高級缶詰だ。

白井さんは「このコたちはブランド犬だから高級缶詰、お前は今までどおりボカディージョの端とパエリアの余り。」と説明するが雑種の犬にはもちろん通じない。「缶詰食わせろ~!缶詰、缶詰、缶詰~!」と騒ぎ、さらには「缶詰食べさせてくれるウチに行く!」と家出未遂。もはや尻尾を振ってすりよることもなくなった雑種の犬。なでてくれる人はとうにいなくなっていた。

それから幾星霜。
気が付けば華やかなブランド犬たちは皆いなくなっていた。高級缶詰を常備することもなくなった。やっと心の迷路から戻ってきた雑種の犬、彼より古株の黒毛と金毛と共に残飯を食べ尻尾を振る。

しかし時すでに遅し。
前は楽々飛び越えた柵にけつまづく。舐めときゃ治ってた傷が化膿する。
犬生の岐路に立った雑種の犬、今日の黄昏はいつになく長い・・・・・
ドアーズ
その心は The End・・・
好きなだけ座布団持ってけ歌丸・・・


バルサ好きの同僚(アンチマドリーではない)が、
ノーコメントで私の前を通り過ぎて行った。

・・・・・
・・・・・
・・・・・

同情してくれんでいいから!!

他力本願は結局身を滅ぼす、の見本のような3日間でした・・・・・
他人の褌に口を出す
CL→クラシコという悩ましい時期がやってまいりました。
借りられるものなら何だって借りてしまいたい気分のわたくし。
てなわけでリバプール。どうもここんちがキモのようです。

プランA
アンフィールドで足腰立たなくなるまで盛大にボコっていただく。
首位陥落に間髪入れずにCL敗退で士気大幅ダウン。
クラシコまでに立ち直れず・・・

プランB
アンフィールドであわやの大どんでん返し。
CL勝ち抜けで浮かれて踊る。
クラシコまでに調子戻らず・・・

複数の案があるときはお互いに利のあるものを、というwin-winの考えにのっとりプランAに決定。
存分にやっちゃって下さいな。
何人か潰せ、とか外道なことは申しませんが、肩で息してしまうよなハードな感じでお願いします。おナマな奴がいたらベラミせんせにおまかせで。

頼みますよ!レッヅの皆さん!

バイエルンだろがバルサだろが自力で撃破せえや、という正義のツッコミは受け付けません、つか受け付ける余裕がありません・・・・
先入観は罪
ヘタフェ戦。
ロベの突進も素敵だったし、やぶれかぶれ気味にガツガツいくロス・ウマヅラーノス(ニステルとラモス)も個人的には○。
しかし。
「カッサーノ逃げた!!」
には負ける。
逃げたってアナさんそりゃないでしょーが。
店先から物をかっぱらって全力疾走するカサやんが頭にうかんだ私も同罪っちゃ同罪だが。
アナに罵られ、極東の素人に失礼な想像され、とどめに黄紙。
カサやんの試練、出口はまだ見えないようでございます。
なおクラブの迷走も好評に付き継続中。
南蛮金融道
噂話に限りなく近いような記事を真に受けるのもなんだが。

ロビーニョ+ディアラ+カンちゃん=カカちゃん

うーむ。
もちろん駒にされた三人には面白くない話だろう。
まーカカちゃんはそれ位価値のある人財(←誤字じゃないですよ)なのだろう。
だがしかし。
こうやって列挙すると結論は別のところに。
つまりはマドリーのスカウト部門がスカタンであるという解が。
今はまだいい。
今はまだ「マドリーに行きたいよう」と言ってくれる子がいる。(いるよね多分・・・)
だがこのままでは「マドリーに行ったら人生設計が狂うわ。腰落ち着けんでどうやっていい働きしろっつーねん」になりかねん。

定価で衝動買いしたものをヤ●オクで叩き売りするような真似はいい加減やめれ。
半端じゃないカネと他人の人生動かすのだぞ。
きっちりソロバンはじかんかい!
昼は抜いて夜は抜かれて?
私がこよなく愛でているブサかわ大王ことデコさんがタブロイドにすっぱ抜かれ。

6日にロンドンで行われた親善試合、対ブラジル戦で勝利を収めた夜、デコが友人6人と連れだって、1人1000ポンド(約23万7000円)高級売春宿に繰り出し、待合室にいるところが警備用の監視カメラに撮影されていた。

以下感想。
・大人数で繰り出すな。ひっそりと行け、ひっそりと。
・23万7000円出すと一体どんなことが?
・標準価格(相場)も書いといてくれないと。
・売春宿って言葉がすでに安っぽいんだが(高級感なし)。
・待合室でおとなしく待つなよ。
・監視カメラの情報暴露していいんか、警備会社?
・お勘定はやっぱりデコさん持ちだよな。

うーん、タブロイドや下品な週刊誌が駆逐されないのがわかるような気がしてきたな・・・・・・
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。