ごまあぶらのネタ礼讃

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
水色ラガーマン
フランスは沈んだ。
イタリアも沈んだ。
日本はキレイに忘れて見てなかったが突破した。
そしていきなり壮大なネタ振りに走ったスペイン。
結局は1位抜けというなんだそりゃな結末。
私負け試合しか見られませんでしたもん、くそ。

ということでノックアウトラウンドがスタート。

ウルグアイ×韓国
「ウルグアイはしたたかです」
これを何度聞かされたことだろう。
そんなんでいいなら素人にだってできるわ。

そして逆転弾のスアレス君ですが。
決めた瞬間高速リアクションを取りつつ走る走る。
比較的ガッチリ系なのも手伝ってラグビーの如し。
〆は看板を飛び越えマスコミを飛び越えハグ。
見事だ!
かくして2-1でウルグアイ勝利。ベスト8へ。
スポンサーサイト
悲悲こもごも
南アフリカvsフランス

なんだかんだで3回位流し見をしてしまいましたが。
えー南ア、開催国特権での強行突破できず。
前例ができちゃったから次回からは大変ですな。
あ、次回ってブラジルか。全く心配無用なお話でしたね。

そしてフランス・・・
きつい。きつすぎる。
落選した連中は逆にほっとしてるんじゃないかしら。
しかしドメネク。キングオブA級戦犯やね。

ところで。
先日メイレレス君のスミが尋常じゃないと述べましたが。
顔が怖い・・・
もはや地模様なスミ・・・
威圧しまくりのガチムチ上半身・・・
そんなやつがピタユニ!
絶対に人類じゃないから。
よその星からこっそり来てるんですと正直に言え。
そんなトータルパッケージで尋常じゃなかったシセさん。
私があまりにもびびっていたせいか、彼は後半早々に引っ込みました。
ポルトガルの大花火
ごまあぶらにぴったりのワールドカップ出場選手は
『メキシコのドス・サントス選手』です。
だって。
グッジョブ、アタシ!

さて。
ポルトガルvs北朝鮮
これは何だったんでしょうね。
前回に続きポルトガルったら芸達者。
第1号のメイレレスさん。
この人のものものしいスミは国際映像で映しちゃっていいんですかね。
審判は「長袖着用のススメ」とかはしないんでしょうか。
日韓の時はベツカムさんがクソ暑い中終始長袖でしたよねえ。
あのレベルのスミはちょっとシャレにならん。
人類じゃないような気がしてくるし。
と考えてるうちにどかどかと面白い様に点が入っていき。
7-0でポルトガル勝利。
野球ではありません、蹴球です、念のため。

あとひとつ思うことはあるのですが、自粛します。
本気と書いてマジでシャレにならないので。
同じこと思った人は多いと思います・・・
スナさんにもの申す
オランダvs日本 ぼちぼち順不同になってまいります。

スナの後頭部のアップ・・・
全世界に何の辱めなのかしら・・・
首のホクロとイボが見える。
頭皮のホクロまで見える。
技術の進歩も善し悪しのような気がしてきた。

国歌斉唱の時。
カメラ目線でぴちっとウィンクするスナ。
さらには。
ゴールを決めた時にカメラに向けて5回も6回も投げチュウを!
オマエ何しとんねんな?!
そーいうのはだな、
オッシャレーな人とかおっとこまえ~な人とか、
もしくはフェロモンダダ漏れの人がやるもんだ。
オマエどれにも該当せんだろうが?!
中心選手とか言われて浮かれとる場合かコラ。
廊下の雑巾がけからやり直せー。

とかなんとか言いつつ1-0でオランダ勝利。
予選イチ抜け決定。
まとめて
オランダvsデンマーク
オウンをしちまった時のデンマークの15番君。
悟りを開ききったような諦観の微笑がなんとも・・・
2-0でオランダ勝利。

日本vsカメルーン
実は睡魔がやってきました。
気づくと勝っていました。
ありがとう本田と言っておけばいいかしら。
それにしてもマスコミの手のひら返しは鮮やかよの。
オランダに負けてもコロっと変わるなよ。

コートジボアールvsポルトガル
なんとなく面白そうなカードですな。
ポルトガルと言えば4年前の乱闘蹴球。
私あーいうの大好きなんで今回もどこかでお願いします。

で。いよいよドログバさんアップに動く、の時。
素で「出た~っ!!」と叫んでしまったよ。
バケモンか。
まあかなりバケモンだが。
で結果をみればドローなり。

ホンジュラスvsチリ
フェルナンデスという選手が実はマティ君であった・・・
フェルナンデスとかゴンサレスとかロドリゲスとか。
ラテン国で佃煮にする程いる人達はわかりやすくしてほしい。
0-1でチリ勝利。
余談だが、チリと打とうとするとつい「トロ」になってしまう。
いかんいかんと打ち直すと「トリ」になる。
どんだけ食い意地張っとるんだ・・・
勝負はまさにミズモノ
セルビアvsガーナ

ガーナの白ユニはどうも間延びしておるね。
マドリの白ユニはアディダスの3本線にかなり助けられておるのだな。

さて。
ド素人の私の目からしてもあからさまなハンド。
あれが致命傷となりましたな。
それなのに「やってないよ」アピールする根性は見上げたもんですが。
そしてギリのギリにでてきたオウスアベウエさんとやら。
オランダユースにいて日本を5人抜きだか8人抜きだかした人では。
若いときにピークがきちゃった子なんですかねー。
結局は一瞬の運不運、0-1でガーナ勝利。
初勝利おめでとう
アルジェリアvsスロベニア

君たちさあ、自分らが地味な存在だってことはわかってるよね。
かなりの人達が今日を休養日にあててるのもわかってる?
そ れ な の に 。
片や白地に黄緑。片やダークグリーンに黄緑。
芝と一体化してどうする!
まあ約一名は途中出場のくせして退場、と気を吐いたけど、
一番印象的だったのがスタンド観戦のジダン、ってのはあんまりだろ。
そしてスロベニアの7番、演技ヘタ過ぎ。
ゴンがオスカー俳優に思えてくるわ。
そんな感じで0-1。スロベニアWC初勝利。
老舗の底力
イングランドvsアメリカ

4分、繰り上げ主将ジェラードさんがスパッと決める。
あらあらイングランド楽勝かしらと思ったら。

イングランドのお家芸、GKショウタイム!
いつぞやのジェイムズ神の妙技にもしびれたが。
その瞬間に片眉だけぐいっと吊り上げて硬直してるベツカムもなかなか。
グリーン君、人生は長い。これから頑張ろうな。
てな訳で1-1のドロー。

〆は繰り上げ主将(←しつこい)ジェラードさんの美しい半裸で。
いやフォルムももちろん美しいんですが、ノー落書き(入墨ナシ)というとこが。
あっちゃこっちゃにいろんな模様が入ってるんだと思ってたよ。
プチエインセ祭り
アルゼンチンvsナイジェリア

・ゴンちゃん、あんたピタユニをセレクトするとはどういう事!
 ゆるユニをだらっと着なさいよ!
・そうこうしてるうちに6分。
 ガブ~!1-0!
 ベテランは美味しいとこを持っていきますね。
・そんなガブ、あなたまさかスソ出してるんですか?
 あんたもゆるユニをきっちり裾入れして着なさいよ!
・サムLさん「緩慢なプレー」って言われてますよ~。
・マラドンがまあ映ること映ること・・・
 義理の息子の方を映さんかい。
・メッシが潰されてガブ怒る。
 久々のクレーム課長の勇姿に大爆笑。
 張本人のメッシがもう苦笑いしてるからやめてあげて。
・と小技を色々利かせてくれたアルヘン1-0で勝利。

ゴンがボロクソに言われたのと、クンがどこにもいなかったのが悲しいです。
ゴンはアタリの日とスカの日があるのでしょうがないんです。
皿洗いの勝利
韓国vsギリシャ

懐かしの古畑任三郎を見た後チャンネル替える。
やっぱりどうでもよくて、つか気分よくなくて。
台所で皿洗う。
2-0で韓国勝ち。
なんだかなあ
ウルグアイvsフランス

正直言ってフォルランにしか目がいかない面子だ。
フランスずいぶんこぢんまりしたような。
背格好ではなく雰囲気が。
前回準優勝って感じ全くありませんよ。

で。
ビデオ映像では確かに手に触れてるんだけどさ。
アンタはぎゃあぎゃあ騒がんほうがいいんじゃねえの?
とチキンな私は思いましたがどうでしょうかアンリさん?
そんな感じで双方決めてなし。
白チーム得意の「個人の力」はまさにこういう時に必要ですな。
結局0-0で終了。
グループAはどうもパッとしません。
南アを決勝に送るためワリを喰うのはフランスではないかしら。
始まりましたな
2010南アフリカWC。
季節は冬になるところと言う事で見る人もやる人も快適。
そして睡眠不足で死臭がする事もないだろう。
今回はスカパー独占分は見られないので。
もう何がなんでも全試合コンプリートしたる、という気迫はなくなったよ。

さて開幕戦。
南アフリカvsメヒコ
誰よりもあなたに会えて嬉しいよアギーレ!
そしてドスサントス君を見て思う。
世の男子諸君が言う「女はぽっちゃり気味がイイ」
てのはこういうことだよな、と。
ムネはサラシ巻いてるんだよきっと。
と寒いことを言いたくなるくらい女の子みたいであった。
少なくとも私は「女子力」において彼に負けている自信があります。

で大会初得点は南ア。
チャバララというリズミカルなお名前の方。
子分を引き連れてカメラの前で踊る踊る。
うーんアフリカの大会ですなあ。
でもマルケスに返されて1-1で終了。
まあ開催国の面子はとりあえず保たれたかと。

さあこれから一ヶ月頑張りましょう。残業しねえからな!
違う
日経新聞ではスナイダーと書かれている。

うーん。
米英のジョージがおフランスではジョルジュになり、
スペインではホルヘになりロシアではゲオルギになる。
そのへんは理解しておるが・・・
やはり長身のシュッとしたゲルマン系を思い浮かべてしまうわな。
どう転んでも丸太足に立派な鼻穴のひな鳥ではない。
イメージって罪深い。ハッハッハ。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。