ごまあぶらのネタ礼讃

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
自信なし
14番も7番も去ってしまいました。
よかったねペレス。全てが思い通りになったね。
口を開けばむなしいばかりなり。

さて。
マドリから出てった(追い出された、捨てられた、換金された)人は数知れず。
いっそ皆さんで資金でも出し合って「元マドリー」とか作っちゃえば?
本家より強くて人気出るんじゃね?

なーんてな。あはははははははははは。
あたしゃ今期をきちんと見る自信ちょっとないわ・・・
スポンサーサイト
めでたくも寂しい
????????§??¨???_0_convert_20100713044303
準決勝はすっとばして決勝です。
もはや備忘録としても機能していません。

オランダ×スペイン
2年前のユーロの時に見たくもかなわなかったカード。
規模のでかい舞台にて実現とは。

オランダはオールオレンジ、スペインは地味紺。
どうも今回の代表ユニが嫌いだ。ユーロの時が素敵すぎたのかもな。
なによりもイケル様の緑がダサすぎる。ユーロの黒は男前であった。
さて。
ネタ抜きに普通に楽しむ。
実況陣が「スペインには勝者のメンタリティがある」と。
そう言われるようになったのだね、としみじみする。
「淡い期待を豪快にぶちこわすメンタリティ」だったのも今は昔か。
お互いに数回チャンスを潰し合い延長へ。
PKになったらヤだなあ、と思ってるところにイニエスタ。
でかしたぞ、大福!よくやった、美白戦士!
まあその前のナバスの疾走を評価したいかな。
ナバスもここまでくるのにlong and winding road でしたもんね。
そんな感じで0-1で勝利。

表彰式。
前回にも思ったが、2位の表彰って必要?
「悔しいよね、だから次回頑張るんだよ」っていう励まし?
そしてイケル様がよろよろとセンターへ。
欧州王者から世界王者。
おめでとうな気持ちはもちろんあるけれど、
愛すべきヘタレなスペイン代表とのお別れが少し寂しい。
人間はつくづくないものねだりな生き物ですな。

そして・・・
やりたくもないだろうに花道まで作ってくれたオレンジさん達。
ハグしあうラモスとVDVに比べてイケル様とフンちゃんの淡白なこと。
イケル様、同僚だったこともしかしてもう忘れてる?

そして・・・
最後の集合キメポーズ。
まんなかにちゃっかり入るナバス。となりはシルバ。
そして立ち組センターにはアルベロア。
こういう時には結構消えてるビジャ。
なにげに交友関係やキャラが透けて見えて実に楽しい。
8から4へ
ウルグアイ×ガーナ
スアレス君の覚悟のハンド。
彼の手前にも同じことしようとしてる人いましたが。
で、かなりハイリスクなギャンブルは見事に勝利をつかむわけで。
是非はともかくスアレス君は運を持つ男かもしれん。
それともここで使い果たすクチか?
でPKまでもつれこみウルグアイ勝利。4傑です。
そして南米勢最後の砦。

オランダ×ブラジル
青と黄色がブラジルっぽくないブラジル。
むしろスウェーデンとかそのへんぽい。
ロビーニョ先制。
なんか久々に見る彼はえらく人相が悪くなっている。
幸せな人生歩んでるかい?
フェリペ・メロがロッベンを踏んで赤。
カメラのまん前でがすっといけばそりゃカードも出るわな。
後日「ロッベンが悪いんだああ」と吠えてたようですが。
そしてOG改めスナゴール。
さらにダメ押しでスナが捨て身のヘッド。
「この薄い頭で決めました!」という実況につい笑う。
そしてカメラに近寄ってくるスナ。
ジェラードさんみたいに濃厚なチュウとかしやがったらどうしてくれよう、
と思ったが、ぺちぺち叩くにとどまって何より。
かくして2-1でミラクルオレンジの勝利。

アルゼンチン×ドイツ
まずは盛大にネガティブキャンペーン。
「メッシは結局ノーゴールでおわりだよ」
「ダーティーなのはどっちか、審判よく見とけ」
と、後先考えずにそんなに吠えちゃっていいんかい、
と心配してしまうシュバイン以下略君。
思った以上に両国の仲はよろしくないようで。
で。
黒ユニのドイツが見るからに強そうで・・・
最初の10分くらいで「アルヘンが勝てる気がしない・・・」
と思ったことは内緒です。
で、結果を見れば4点くらって完封。
スコアとしてはイングランド以下の負け方なり。
無敵オーラをぷんぷんさせながらドイツ4傑へ。
一気に
ドイツ×イングランド
好カードだが、どちらもひいきではないのでフラットな目線で見る。
ラームが主将だなんて、立派になったものね。
一方ジェラードさんは主将でない方が違和感。
で、今大会の新人賞と言ってもよさそうなエジル君。
羽生のような、鳩山のような、
変身前スパイダーマン(トビー・マグワイア)のような。

だが王道の男前はフリードリヒさんかなと。
客観的に思うだけで主観的には全くどうでもいいのが残念だ。
で、4-1というなかなかハードなスコアでドイツ勝利。
この手の大会で毎回思うがドイツ恐るべし。

アルゼンチン×メヒコ
この道はいつか来た道?
さて、やはりガブちゃんは大会の華。はっはっは。
はっきり言ってメッシ様より目立ってるような気もしなくもないぞ。
興奮ついでにカメラをドツくガブ。
あたしゃそんなシーン初めて見ましたがな。
なんでいつ見ても高血圧気味なんでしょうかね。
白胡麻麦茶でも勧めたほうがいいかしら。
で、ラテン対決はアルヘン勝利。
次はアルヘン×ドイツ。これまたいつか来た道やね。

それはそうとだな。
クンを出せ、クンを(川藤出せ~のノリで)

スロベニア×オランダ
実はあまり覚えてない。
カイトさんがスナを荷物のように担いだことしか・・・
カイトさんもやるなあ。奴は絶対子泣き爺的に重たいぞ。
オランダ勝利。
試合後のインタビューのロッベンのニッコニコ顔にちょっと癒された。
やっぱりこの人もいいキャラしとるわ。
使いやすさではやっぱりスナなんですけどね。

ブラジル×チリ
またしてもチリをトリと打ってしまった。
マルゴンがゴンサレスと呼ばれていてわかりにくい。
で、ブラジル手堅すぎ。
ルイスファビアーノ、そろそろ炸裂してもいい頃合いだが。
で、手堅くブラジル勝利。なんかつまんねえな。
でセレソンに怨みはないが、次戦オランダが大確変、大差で勝利なんてのを希望。
だって今のブラジルが勝ったって「あたりまえ」すぎてつまんないんだもの。
ブラジルファンの皆さまごめんなさい。
でもこう考えるの私だけでもないと思うな。

パラグアイ×日本
パラグアイの5人目が決めた時、想像以上にがっくりした自分に驚いた。
一番近い感情は「もったいない」かな。
パートタイムナショナリストは相変わらずのようである。
PK5-3でパラグアイ勝利・・・
そしてサンタクルスくんのこれまた相変わらずな美貌。
ここまでくると「美男という職業」だねこれは。

スペイン×ポルトガル
一巡目、トリはイベリア決戦。
ふと思うとスタメンはマドリとバルサ以外はトーレスとカプデビラのみ。
まあマドリが代表選手欲しくて数名かき集めましたからなあ。
昔は守備陣をみかんで固めて、とかやってなかったっけ。
と考えつつ歌なき国歌。
ラモスよりでかいトーレスに毎度毎度驚く私。いいかげんに慣れろ。
で、ネタ力には不足ない両チームのはずなのに。
なんなのこの淡々と粛々と進むさまは。
そういやジョレンテがピタユニを着ておったな。
190超えでピタユニ。ま、シセ様にはかなうまいが。
他は基本的にゆるユニというとこが「らしくて」大変よろしい。
ラモスがピタユニに走りそうで走らないのは、
ゆるユニの方が脱ぎやすいからだと勝手に思っています。
と言っているうちに1-0でスペイン勝利。まずはベスト8なり。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。