ごまあぶらのネタ礼讃

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
その後のジダマテ
ジダンさんはインタビューで「謝るけど後悔してない」と。
そして字幕では「挑発した者に罰を」となってたが、これだと挑発されたワタシではなく挑発した方を糾弾せえと聞こえるぞ。ジダンは「悪いのはワタシだが、挑発した方にだって非はあるでしょ」という事を言いたかったんでないの?つまり「挑発した者に罰を」だな。日本語って微妙。

そしてマテさんは侮辱発言を一部認めたとか。
日本人感覚では「どーせすぐバレるんだから最初っから正直に言った方が心証いいのにさ」ってなところだが、欧米感覚では「まずは否定。バカ正直はただのバカ。」なのでしょう。国際交流って難しい。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。